CSR基本方針

2015年10月1日
トヨタカローラ群馬株式会社
代表取締役社長 森田 哲好

私たちは、その企業活動を通じて地域社会から信頼される企業を目指し、全従業員が遵守すべき倫理基準および行動指針として以下の通り「CSR基本方針」を定めます

CSR基本理念

【お客様に対して】
≫私たちは「お客様第一主義」という信念に基づき、お客様が安全で快適なカーライフを送ることが出来るよう、優れた商品とサービス
 の提供に努めます。
≫私たちは道路運送車両法、消費者契約法、自動車公正競争規約などの関連法令及びその精神を遵守し、お客様に信頼される企業活動を
 推進します。
≫私たちは個人情報保護法およびその精神を遵守し、お客様の個人情報保護の徹底に努めます。
≫私たちは社会の秩序を脅かす反社会的勢力とはかかわりを持たず、これらの活動を助長する行為は行いません。取引にあたっては、反
 社会的勢力排除のための契約締結をお願いしています。

【社会に対して】
≫私たちは環境に配慮した企業活動を経営の重要課題として位置づけ、地球環境・地域社会との調和ある成長を目指します。
≫私たちは豊かな社会作りを目指し、社会貢献活動に積極的に取り組みます。
≫私たちはトヨタグループの一員として、交通安全対策に継続して取り組みます。

【取引先に対して】
≫私たちは取引先を尊重し、長期的な視野に立って相互信頼に基づく共存共栄の実現に努めます。
≫私たちは独占禁止法、下請法をはじめとする関係法令およびその精神を遵守し、公正かつ自由な取引を行います。
≫私たちは公正さを疑われるような贈呈や接待をしたり、受けたりはしません。

【従業員に対して】
≫私たちは労働関連法令の遵守はもとより、従業員が生き生きと働けるように、相互信頼・相互責任の精神に則り、互いを思いやりそれ
 ぞれの考え方や立場を尊重します。
≫私たちは従業員が誠実に仕事に取り組み、新しい価値の創造を目指すことが出来るよう個々の自己啓発・成長を支援します。
≫私たちは従業員一人一人が能力を発揮できるよう、安全で働きやすい職場環境を整備します。

  1. CSR基本方針